熊猫の一茶一歩

台湾帰り熊猫が台湾、中国茶の事のんびり更新していきます。 
石棹
5月のお茶会の茶葉がだんだん決まってきました。

台湾の高山ウーロン茶はまさに春茶の収穫、製造の真っ最中。

あんまり早く決めるのも難しいし、
遅すぎたら売り切れちゃう。

いつもお茶の仕入れをお願いしている台湾の先生は
梨山、杉林なんかを勧めてくださるのだけど

今回はなんだか熊猫は、阿里山の気分♪


2年前に訪れた阿里山の資料をひっぱりだして、
記憶をたよりに、美味しかったお茶屋さんをピックアップ

石棹は阿里山の茶区の一つ。
海抜1300~1700に位置する
阿里山茶の中でも高級といわれているお茶です。

isitaku1.jpg 



石棹は、嘉義から阿里山国家公園に行く途中にあるので

バスに乗れば気軽にいける茶産地かもしれません。
とはいっても、2時間位は乗ったかな?

isitaku2.jpg 

見渡す限り、茶畑が広がります。

現地とやり取りしていたら、明日にも行きたくなっちゃいました。
春茶の香りいっぱいなんだろうな~。

今回、海抜1700mの高山茶を仕入れることができました。

お茶会でお披露目 少しだけ販売できると思います!


5月16日の 春茶お披露目
『春の香り、春の味」

午前 満席
午後 募集1名

となっております。
ご興味のある方はお早めにご連絡ください~



スポンサーサイト
探茶(台湾での茶旅行) | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
2010年台湾日記4 名間のお茶とパイナップル
今回台湾最大の茶所「名間」にも行く事ができました。(南投県にあります)

平地で沢山のお茶を作っています。その茶畑は広大。

        minjian2.jpg

台湾はあいにくの雨続きだったのですが、茶畑はマイナスイオン全開。気持ちいいです。
茶葉博覧会に来ていた「名間」のお茶屋さん曰く、
「名間」にはいい茶師が沢山いるんだそう。 なぜなら「名間」は高山茶と違って茶葉の品質があまりよくないから、そのよくない茶葉で美味しいお茶を作る為に茶師が腕を磨いたそう。
だから、平地「名間」にはお茶作りの名人達が沢山いるんだって !?

        minjian3.jpg

お茶畑とパイナップル畑はいつも並んでます。 可愛い☆
私だったら、「パイナップル烏龍茶」っていう品名を作りたいな

        minjian4.jpg

パイナップルを運ぶトラクター発見。
そう、ここは畑の真ん中に突然ある、「パイナップルケーキ」工場


        minjian5.jpg

今、台湾ではネット上なので口コミになり、密かにブームのお店です。
でも台中からも車で1時間はありますよ~。

        koujyou1.jpg

こんな感じの工場。 お店は四合院の古い建物を使ってますよ。

中に入るとできたてのパイナップルケーキを無料で味見させてくれます。
焼きたてでサクサク~

             サイズ変更回転DSC01216

どうやらあまりに人気で、とうとう台北にお店をだすそうですよ!
ぜひ皆さん行って見てください。

微熱山丘  ←HP  minjian6.jpg

        minjian1.jpg

高山茶もいいけど、平地の「名間」もいいですね!風景も綺麗だしお茶も美味しかったですよ~。
またまた熊猫の大好き台湾の場所が増えました。
探茶(台湾での茶旅行) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
鹿野の旅 茶葉、人情編
台湾、好きなところ沢山あるけど、鹿野の風景は私の中でBest3に入ると思います。
sikano1.jpg

sikano2.jpg

調度春茶が積み終わって、夏の太陽を沢山浴びた葉が元気よく出ているところ。
鹿野は台湾でも南東に位置し、春茶も3月に作り始めるとか。どこよりも早いそう。

sikano3.jpg

鹿野の中でも「高台」という場所に位置する、茶葉料理レストラン。
色々なお料理が食べれます。茶葉料理っていうことを抜いても、やっぱり台東。野菜が美味しかった。
sikano4.jpg

1斤2000元?の紅茶で炊いた御飯。うっすら色が付いています。

sikano5.jpg

鹿野ではいろんなお茶を作っていますが其の中でも目立つのが「蜜香」という文字。
これは、蜂蜜の香りっていう意味なのですが、東方美人と同じでウンカに茶葉を噛ませてできていることを意味します。

食事の後に、蜜香紅茶。いただきました。

sikano6.jpg

ここのレストランの人達とてもいいんです。心温まりました。
男主人が入れてくれたお茶もとっても美味しかったです。

紅茶だし、ウンカに噛ませてあるので東方美人に似た味がします。

sikano7.jpg

sikano8.jpg

沢山食べて、沢山飲んで(お茶を)すっかり長居してしまいました。
看板猫、人懐こくてかわいかった。

sikano9.jpg

茶畑に月が浮かびました。こうしていると日本の田舎に帰ったみたい。
鹿野はホッとできる場所です。
探茶(台湾での茶旅行) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
魚池のお茶
10月に台湾人の友人Kさん夫妻と南投へ遊びに行きました。
彼らの新車は立派で、しかもフットワークも軽い!いつでも何処でも連れて行ってあげるよっていう感じなのですが、残念なことに、「お茶」に興味が全然ない!
以前も梨山に行こうってなったときも、神木についてだけで、梨山茶になんて全然興味がない。
熊猫もいつも連れて行ってもらっている手前、我儘が言えなくていつも

あ~~ お茶畑~~  と 車から茶畑を眺めるばかり。

しか~し!! 最近になってK夫妻が紅茶に興味をもったようで、
魚池に行こう!と言い出した。 これはチャンス!!!!!!!!!!!!

魚池は紅茶の産地です。日本統治時代に日本人がアッサム種をこの魚池で作り始めたのが始まりだそうです。魚池は日月譚の近く。

yuchihongcha3.jpg

台湾中部にいくと、ともかビンラン(檳榔)の木が沢山。ビンランはヤシ科の木の実で、台湾では石灰を練り込んだペーストをはさんで噛む嗜好品です。毒品と言ってもいいかも。。。
と、、そのビンランの木の根元に茶の木が!!!

中部では、、ビンランの木と お茶の木が セットで植えられてるんですね。なんかショック。

この日は、魚池についたのがすでに夕方。一軒だけ「アッサム紅茶」を作っている茶農家へ。

yuchihongcha1.jpg

アッサム茶、台茶18号、色々試飲させてくれたのですが、この伯母ちゃまの淹れ方が豪快で!
お茶が美味しいのかどうなのかちょっとわからない。
しかも台湾語のみ!!全然聞きたい事が聞けない~(やっぱり台湾語マスター必要ね!)
とりあえず アッサム茶150グラム200元という安めのお茶を買いましたが、家で淹れてみたらなかなか美味しかったです。笑

今回の旅の途中でみつけた巨大オブジェ。 やっぱり台湾はお茶の島だな。
自分で車あったらもっと色々なところ茶旅できるのにっとおもう熊猫でありました。。。
yuchihongcha4.jpg


探茶(台湾での茶旅行) | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
台湾の避暑地 杉林渓
更新が滞っております
ともかく台湾暑い!! 今日もあまりの暑さに頭痛が酷く寝込んでしまいました~。
発表されてないだけで、光化学スモックとかめっちゃ出てるんだと思います。目がチカチカする。

台湾なんて、どこ行っても暑いよ!家にいるのが一番。
なんて日ごろ思っていますが、、8月中旬に茶友たちと南投県の杉林渓へ行ってきました。
杉林渓のお茶が高山茶として有名です。
夏の茶畑は茶摘も終わったあとで、イマイチと案内してくれた茶友は言っていましたが、
それでも圧巻でした。
杉林1

杉林2

そしてこの霧!台湾でこんなに涼しい風が受けられるなんて初めての体験でした。冬でもこんなにヒンヤリした気持ちいい風は受けられないかも。本当軽井沢とかの夏の朝のようです。
上着がないと寒いくらい~台湾にもこんなところがあるんですね!
杉林3
杉林4
本当に帰りたくなかったです~。ああココに住みたい!!
探茶(台湾での茶旅行) | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
  |  home  |   next >>